スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kingpin
スポンサー広告  

3連休2日目は・・・?
さて、3連休の二日目。

ここは、コピー天国中国の真髄を知っておかねばと、

コピーマーケットに行くことにする。

駐在員一度はハマるらしい。

マンションから歩いて行ける模様。

天気もいいし、のんびり散歩がてら歩いて行く。

天気最高だし、気温も暖か。

<さくらかな???>
shuusui02.jpg


地下鉄ひと駅分の10~15分位歩くと、到着。

<秀水ビル>

shuusui01.jpg


えらい立派なビル。上司からは、向こう(=店の人のこと)の

10分の一くらいで買えるようにならないと!といわれたので

頑張ってみるかと入っていく。

1階は服屋。

「コロンビア」「ホグロフス」「ナイキ」「ノースフェイス」「アディダス」
「プーマ」「POLO」「PAUL SMITH」などなど、なんでもある。

10分くらいいろいろと見回ったあと、ジム用の半袖のシャツでも買おうかと、

アディダスの半袖シャツの値段交渉してみる。

モノはというと、生地は化繊やし、比較的まともっぽいが

縫製がかなりいい加減。

「多少銭?=HOW MUCH?」と聞いてみたら、

なんと480元などと言い出す。

なんで5000円超えるねん!とあほらしくなって、

「そんなんやったら、ええわ!」と帰ろうとすると、体をつかんで離さない。

「いくらだったらいいのか?」と聞くので、

まあ、最初だしと思い、思いきり「10元」と電卓に入力。

「向こうは、「そんなの無理無理!」って感じ。

店員:「400元」

Kingpin:まあ、「15元」までゆずってやるか。

店員:「200元」

Kingpin:「まだゆうか!」と「20元」

店員:「100元」!

Kingpin:「100元やったら、ユニクロのほうがええやん!」

とここで、はじめての値段交渉をやめる。

かなり安くから始めないと、10分の1にはならない。

買わないそぶりを見せると、ほんとに下がる、いや、下げる。

なんとなく感触はいい感じ。

次に2階に行ってみる。スポーツウェアと書いてあったので、

こちらで使うカバンとかがないかと探したが、なかなかない。

ここでも一度ウェアの交渉したが、交渉しながらこの服だとすぐに

着なくなるだろうと思い、途中で戦線離脱。

4階に行くと、貴金属・時計などの場所。

貴金属はさておき、とりあえず時計を攻めてみる。

「ロレックス」「オメガ」「ホイヤー」「カルティエ」「パテックフィリップ」

「ブライトリング」などなど、ほんとにすべてのブランドあり。

パテック・フィリップとブライトリングを見せてもらった。

「軽い!」「リストバンドがプラスチックみたい」「5日で壊れそう」

ということもあり、金の無駄遣いだとおもい、値段交渉も止める。

最後に地下に行ってみた。

ここでニセブランド系の鞄・財布を売っていた。

財布でも買ってみるかと、しばし考える。

結論は「まあ、今日は値段のあたりだけつけようか・・・。

 大きめの財布で、500円位ならいいかな」と思って、

交渉してみる。

最初は、LVの財布(札入れる、長いやつ)でスタート。

ものは作りがかなりチャチな感じ。こりゃギャグの範囲内の値段でないと

ばかばかしいなあと、目標を30元にして、スタート。

最初の店員の提示は、「LVだから、480元」

Kingpin:「LVって、ニセモノやんけ! 10元」

店員:「10元?なに?話にならん。熱でもあるんとちがう?400元」

Kingpin:「そんなんにやったら、いらんわ。帰る!」と帰ろうとすると、

3人がかりで体当たりで止めてくる。

店員:「待って待って。じゃあ、200元」

Kingpin:「だから、10元だって!」

店員:「そんなのだめ。いくらならいいの? じゃあ、100元なら?」

Kingpin:「じゃあ、15元」と思い切って上げてみる。

店員:「50元」

Kingpin:「20元」

店員:「40元」

kingpin「25元」

店員:「35元」

Kingpin:「30元」

店員:「35元」

Kingpin:「「30元までやって!それ以上は無理!」

店員:「35元やないとあかん!」

Kingpin:「ほな、ええわ。もういらん」

と本気で店を立ち去る。2つくらい店を過ぎたところで、

店員:「わかった。30元!」

Kingpin:振り向いて、「30元?それならええよ!」と戻る。

で、一応交渉成立したが、財布の中に、30元がなく、25元しかなかったので、

25元しかないといったら、まけるかもしれんと

「金がない。25元!」といったら、「なに?さっき30元っていったやん。

うそつき!30元出して!」 と言われ、引くに引けなくなり、

Kingpin:「25元しかないから、もうやめ!」

といって、立ち去る。こんどはさすがに25元とは言ってこない。

さすがに悪いなあと思ったが、最初なので交渉のぎりぎりのレベルの

感触だけでも知りたい・・・と思ってそのまま立ち去る。

っとこうして、相場感をつかんだ。

この財布(LVの紳士用の長いやつ)くらいで、30元くらいってことまで把握できた。

そして別の店に行った。次は、二つで50元を狙おうということを目標に。

「プラダ」と「モンブラン」との二つで1500元なんて言ってくる。

ばかばかしいので帰る素振り。

店員:じゃあ、ひとつ600で、二つで1200。

Kingpin:話にならん。やめ。

と帰ろうとすると、いくらなら買う?と聞くから、

Kingpin:「1つ10元、二つで20元」というと、

店員:「何?だからいくらなら買うのか?」

Kingpin:「だから、2つで20元だって!」

店員:「2つやし、二つで800」

Kingpin:「二つでなら、30元」

店員:「熱あるんじゃないか?頭は大丈夫か?」とかいうから、

Kingpin:「そんなの買わない。譲りに譲って、ふたつで、50元!」

店員:「(周りの他の店の店員に向かって)おい、これ二つで、50元だと!
     おかしいんじゃないか?」

Kingpin:「じゃあ、いいよ。もう買わない」と立ち去ると、

店員:「2つで100元なら?」

Kingpin:「だから、2つで50元だって!」

結局買わなかったが、相手は、二つで100元!とエスカレータのところまで

追っかけてくる。

それでやりとりしているうちに、周りのわけのわからない店員から、

「もう、ばか! あほ!」と言ってくるから、ついついカチンときて

「なんやと?ふざけんなんぼけ。しばくぞ!」と言ってやったら、

ちょっとビビっていた様子。

大人げなく、怒ってしまった。






結局、秀水ではなにも買わずに、交渉の流れと、

およその相場観をつかんだ。

次がんばろうと思う。

スポンサーサイト
Kingpin
中国日記   2 0

ブログ、、
ですね!

リンクしときますよ!
2009/04/16 21:39 | | edit posted by 腰痛おやぢ
今、ひっこしを考え中でして。
そのうち移るかも知れません。
ドリコムが故障が多いので・・・。
2009/06/07 21:48 | | edit posted by kingpin














 

http://datz.blog65.fc2.com/tb.php/6-8a6df3b2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。