FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kingpin
スポンサー広告  

洛陽 「龍門石窟」
洛陽に出張した帰りに、世界遺産である
「龍門石窟」へ。

石窟寺院とは・・・
岩山の側壁に洞窟をつくり、平地の寺院の外観や堂内の建築形式を表現したものを
「石窟寺院」というらしい。
修行僧が仏の教えを感得する場として、
インドでは紀元前3世紀に石窟寺院の造営が始まっている。
シルクロードを経由して仏教が中国に伝わり、
石窟寺院の開鑿が4世紀に始まったとのこと。

4世紀の中頃、甘粛省の敦煌(とんこう)で千仏洞の造営が始まり、
5世紀の初め、炳霊寺(へいれいじ)と麦積山(ばくせきさん)で石窟寺院が造られた。
紀元460年頃、北魏の文成帝は、都の平城(現在の大同市)の西に雲崗石窟を開かせた。
紀元494年に孝文帝が都を洛陽に遷し、洛陽郊外の龍門石窟を開鑿。
これらの石窟寺院の中でとりわけ有名なのが敦煌、雲崗、龍門。


とのこと。

石窟は、一水(または一河)のそばにある。
川には、古い石造の橋が掛かっていて、趣深い。


CIMG740001.jpg

↓ここが龍門石窟の入口

CIMG739701.jpg

↓川の横に切り立った崖には、一面穴が掘られ
 中には石像が作られている。圧巻。

CIMG741201.jpg

↓場所によっては、崖の万全体に石仏が掘られている。

CIMG746101.jpg

↓さらに進むと、こんな具合に広がる

CIMG747801.jpg

↓いよいよ、ハイライトの一番デカイ石仏
 こんなものを西暦490年頃に作ったとは・・・。
 西暦490年ころだと、日本では大化の改新より150年以上前。

CIMG749601.jpg

↓最後に、近寄ってお祈り。

CIMG749801.jpg

そのほかの石仏にも行きたいなあ。
近場だと、「大同」
遠くだと、「敦煌」かな・・・。
スポンサーサイト
Kingpin
未分類   2 0

ご無沙汰してます
こんばんは!しばらくぶりです。お元気ですか?
ハワイといい、中国といい、なんとも素敵な写真ばかり・・・。
うーん、刺激的です!私も行きたい・・・。

まあ、たまには矢作に漕ぎに帰ってきてください。
焚き火もやはり、癒されますよ!

では!また!
2009/10/15 00:04 | | edit posted by All Star
こんばんは。
訪問ありがとうございます。
中国は、結構刺激的な場所がたっぷりです。
是非来て下さい。
漕げないですが、自転車は徐々に
流行ってきつつあります。

こちらにいると、
矢作川が恋しくて仕方ないです。
そんなにきれいな水でもないですが、
やはり、あの河原でぼけーとしたり
漕いだりするのは、最高です。
2009/10/17 10:30 | | edit posted by Kingpin














 

http://datz.blog65.fc2.com/tb.php/18-04206c65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。